インデックスに戻る

 

 

サドルバックの中身  タイヤブート編

 


サドルバックの中には何が入っていますか?
私は予備チューブ、携帯工具、タイヤブートといったところ。
つい入れっぱなしにしちゃっていていますが、たまには中身の確認をオススメします。

予備チューブは携帯工具とこすれて穴が開いていたり、携帯工具のチェーンカッターは
油が切れてスムースに動かなかったりしていませんか?
いざ!という時に使えないとガッカリです。
また、携帯工具の中には残念ながら使いづらい物も多いです。
自分の自転車のすべてのボルトを回すことができる物なのか確認しておくといいですよ。

 

         


さて、意外と知られていないのが「タイヤブート」ではないでしょうか?
パークツールから発売されている製品で、タイヤが裂けた時にチューブが出てこないようにする
粘着性のある布です。ガムテープでもある程度はもちますが、タイヤのサイドを大きく
カットしちゃったときには役に立ちません。(ほかに使い道があるので持っていくと便利ですが)

当店ではお客様にパンク修理の講習を随時行っていますが、その際にオリジナルのタイヤブートを
お渡ししています。パンク修理の必需品ですので。
オリジナルなんて言うと大袈裟ですが、ロードタイヤをカットしただけのものです。
ロードタイヤの高気圧にも耐え、MTBではとがった岩で大きく裂けてしまった穴もふさいでくれます。
(昨年のSDA王滝で私も助けられました)

オリジナルのタイヤブートは無料で差し上げています。お立ちよりください。


             ↓ たくさんありま〜す

         

                         (サイクルスポーツ 2009年5月号広告より)